米粉の小豆ドーナツ とお砂糖

e0240468_623423.jpg

息子のおやつ用に米粉の小豆ドーナツを焼きました

米粉ドーナツ、何度か焼いてみたのですが、
全然焼けません(>_<)

どんな配合で焼いてたのか全然思い出せなくて、
計りながら作るとなぜかいつもと違う仕上がり
自分で作ってたのに、です

どんなことでも、ちゃんとメモしておくべきなんでしょうね
子供の頃からメモを取らない子でした、、、
大人になっても変わらず。(´д`lll)


米粉と豆乳のシンプルな配合を試みたのですが、
そうすると赤ちゃんせんべいのふんわりしたようなものができます(笑)
それはそれで美味しいのですが、ドーナツとは言い難い

う~ん、、、と思い過去作ってた記事をみると、
いつもヨーグルトや豆腐を加えてるんですよね

ということで豆腐を加えてみました
そうしたら、一応、こんな感じだったかな?というものができました
ご参考までに配合メモしておきます
が、これはおそらくオーブンで焼成するとお豆腐ケーキになると思われます
ドーナツではないかな~、、、

またいろいろ試してみます
遅くなって申し訳ないです(>_<)


◇豆腐ドーナツ(12個分)◇
米粉・・・100g
ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)・・・5g
豆腐・・・70g
豆乳・・・50g~
砂糖・・・5g~


ちなみに、ワタシの使っているお砂糖はこんなのです
e0240468_6183350.jpg

甜菜糖
マスコバド糖(黒砂糖)

あと、画像ありませんが、きび砂糖も使っています

甜菜糖は、さとうきびからではなく、てんさい(ビート、さとう大根)から作られます
天然のオリゴ糖が多く含まれ、おなかにいい砂糖です
もちろんですが添加物、着色料不使用

ワタシが甜菜糖を使うのは、無添加でお腹に優しいというのも勿論ですが、
身体を冷やしにくい食品だからです
通常の、さとうきびから作られる上白糖やグラニュー糖は身体を冷やす食品です
きび砂糖も同じです
きび砂糖は、上白糖などに比べて精製度が低いのでミネラル分は多く含みますが、
身体を冷やす食品です
ちなみに、三温糖も茶色いお砂糖ですが、成分は上白糖とほぼ同じです

マスコバド糖というのは黒糖の一種です
黒糖も原料はさとうきびですが、精製度が低いのでミネラルが豊富です


ですが、黒糖や甜菜糖などは料理にも色がついてしまうので、
白や透明を残したいときや、風味によってはグラニュー糖なども使いたいですよね

上手く使い分けできたらなぁと思います



すごーく適当な説明でスミマセン~(>_<)
また時間のある時まとめます~、、、



以下、息子ごはんの記録です



(347日目)

e0240468_5415442.jpg

・にんじんとしらすの五平餅風
・蓮根と豆苗のスープ
・冷奴





e0240468_5422317.jpg

・豆乳にゅうめん
・さつまいも、りんご

にゅうめんに入れたのは、白菜、たまねぎ、にんじん、しめじ、えのき、きぬさや、ツナ
見えていませんが下にそうめんが入ってます

そうめんは1/3に折って丁度いい長さでした




e0240468_5424845.jpg

・ごはん
・鶏の照り焼き
・キャベツのお味噌汁
・かぼちゃと小豆





ランキングに参加しています♪
クリックしていただくとポイントが入る仕組みです

にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村



[PR]
by coco_a13 | 2012-03-06 06:39 | 幼児食(1歳5ヶ月)
<< プルバックカー 豆乳山食@りんご酵母 >>