おからクッキーと トマトとひじきの玄米リゾット

e0240468_513499.jpg

息子のおやつに焼いたおからとオートミールのクッキー

おからはお腹が膨れるので苦手なのですが、
実家の近くのお豆腐やさんで豆腐を買うとおからが無料で戴けちゃうので、有難く頂戴してきました。
出来立てのおからが無料なんて、贅沢~!田舎ならではでしょうか。

卯の花にしても食べ切れそうになかったので、息子のおやつに。
粉はほんのちょっとで、ほぼおからとオートミール。
おからをあらかじめ乾燥焼きしておき、さらに低温でじっくり焼くと、カリッと軽く出来上がりました。

黒い物体はレーズン
生地作りが面倒だったのでフープロにかけたら小粒になっちゃいました。
甜菜糖も控えて、レーズンで甘味を足しています。

でも食物繊維がたっぷりすぎて息子には重かったかな、、、。
少量で満足感たっぷりのヘルシークッキーでした。



マクロビを始めた当初は、焼いた粉ものを控えるなんて無理!と思っていましたが、
最近では欲することも自然と減ってきた気がします
息子のおやつも、りんごにみかん、蒸かし芋、蒸しパンなど、地味(笑)なものばかり、、、。

身体が欲するものを選んでいると、自然と優しい食べ方になるのだなぁと思います。
そしてやっぱり玄米が美味しい!
実家なので毎日玄米とはいかないのですが、やはり白米では物足りなく感じます。







こちらは息子とのランチに作った玄米リゾット
e0240468_5125616.jpg

頂いたトマトとひじきを合わせて白味噌で調味した和風なリゾット
玄米もリゾットだと柔らかくなるので、息子にも食べさせやすいです



トマトでヘルシー&ビューティー料理レシピ
トマトでヘルシー&ビューティー料理レシピ



*トマトとひじきの玄米リゾット*

【材料】(2人分)
玄米・・・1/2カップ
たまねぎ・・・1/2個
エリンギ・・・2本
芽ひじき・・・6g
いわき サンシャイントマト・・・1個

水・・・1カップ~

白味噌・・・小1
醤油・・・小1
塩・・・少々

菜種油・・・大1


【作り方】
①玄米は洗って水気を切っておく。
たまねぎ、エリンギ、トマトは1cm程度の角切りにする。
ひじきはざるで洗い、汚れを取り除いておく。

②鍋に菜種油を熱し、①のたまねぎを入れて甘い香りがしてくるまでじっくり炒める。
エリンギ、玄米も加えて、玄米がつやつやになるまで炒める。

③ひじき、トマトを加えてさっと混ぜ、水を加える。
蓋をして玄米が柔らかくなるまで20分~煮る。

④白味噌、醤油、塩で調味する。


途中で水分が足りなくなるようでしたら少し水を加えてください。
水分量は玄米の給水量や食材の水分によって異なってくると思います。



e0240468_6103188.jpg

頂いたサンシャイントマトは、大玉ですが水分も多すぎることなく果肉がしっかりしていました。
そしてクセもないので程よい酸味が白味噌の甘味とよく合います。







陰性なトマトですが、お味噌とあわせることで陰陽のバランスが少しはとれてるかな~??
と自分に都合よく解釈(笑)

以前はバランスの偏ったものは極力摂らない!とストイックになっていましたが、
実家で、皆と一緒の食卓ではそうもいかず、、、。
ならばできる限りで柔軟にやろう!とゆるゆるマクロビがさらにゆるーくなっております(^_^;)






ランキングに参加しています♪
クリックしていただくとポイントが入る仕組みです

にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村







いつもありがとうございます♪
更新の励みになっています!

[PR]
by coco_a13 | 2013-02-10 04:53 | モニター
<< 発酵黒生姜入り ココアオートミ... 雑穀ベーグルと 白菜とひえのト... >>